クジラから得るもの

今でこそ、捕鯨に制限があることは当たり前の時代ですが、私が子供の頃、いや、それよりもっともっと昔は、くじらの肉って有り余るほどにあったんですよね~。
幼稚園の給食でも、くじらの肉は良く出てたし、またそれをとっても美味しく食べてました。
くじらの竜田揚げなんて、有名なおかずですよね~。

「校長先生とクジラ」という動画を観て、くじらに限らず、現在絶滅しそうな動物は数多いので、やはり人間は勝手な生き物だなぁと改めて感じずにはいられませんでした。

生きるためにも捕鯨は必要だったかもしれないけど、こうして心の温まるストーリーを見ると、命の大切さを感じずにいられません。

くじらは絶滅の危険があるため今は守られているけど、では、牛は??豚は??鶏は??

なんだって、命ある動物なんですよね。

私達は、大人として、命の大切さ、人の痛みを知ること、そして何事にも感謝していかなくてはいけないという心を、しっかりと今の子供たちに伝えていく必要があるなと感じました。

クジラって、なんか子供心に可愛いとか癒されるイメージがありますよね。
なので、この作品を見るとなんとなく懐かしいような、切ないような、そんな気持ちになりました。
イラストは今風ではないけど、とても暖かいタッチで描かれています。

ぜひ、この山村浩二監督の作品、「校長先生とクジラ」を見て、気持ちを新たにしてみてください。

「※BloMotion・キャンペーン参加記事」

| | トラックバック (0)

大人になっても夢は持ち続けてね

RPG伝説ヘポイ

ファンタジーRPGアニメの王道ともいえる要素満載の物語だそうですが。

いやぁ~・・・正直、初めて知った物語です・・・すみません。

年齢がずれてるのかな~。

が、この度この作品がDVDとなって復活することが決まったそうです。

すごいよね、RPGのアニメなんて、よっぽど人気がなければ作品として成り立たないだろうし、ましてやDVDになるなんてね~!!

冒険・ファンタジーもののゲームだと、私は1番最初にやったのは、ゲームボーイ(すでに古過ぎ??)の「聖剣伝説」ですからねぇ~・・・。
さすがにこの年になると、そうそうゲームにもはまっていられないのですが、こういうRPGって、物語の中に自分が入り込めるという部分がすっごく魅力的で、かなり夢中になってやった記憶がありますよ。

ここを見たら何があるんだろう!!ここへ入ったら誰が居るんだろう!!この人は信用しちゃってもいいんだろうか??誰に聞いたら的確なアドバイスがもらえるんだ??この人の話はいつ役に立つんだろう??

本当にゲームと言ってもRPGは頭を使うし、楽しかったなぁ~!!

RPG伝説ヘポイ」という、このネーミングがまたほんのりほんわかでいいですよね~。

なんか、懐かしい顔って感じで、知らないのに親しみが出ちゃいます。

子供の夢をこうしていつまでも作品として残していってもらえることは、大歓迎ですね!

Banner_02_37私も 夢を見たいので、ぽちっとお願いしますm(_ _)m

| | トラックバック (0)